HOME | 椿温泉と美肌の関係

【椿温泉と美肌の関係】

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の三つの部分から出来ています。皮膚の一番外側にあるのが表皮です。表皮の95%がケラチノサイトと言う角化細胞で、残りの5%が2種類の細胞で構成されています。2種類の細胞のひとつはメラノサイトと言う紫外線から皮膚を守るために(メラニン)を生成する細胞、もうひとつはランゲルハンス細胞で皮膚の外から進入してくる異物をチャッチしてその情報を免疫担当のリンパ球に伝える役割をしています。表皮は幾重にも重なり合った4つの層(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)があり、その一番外側が「角質層」です。角質は吸水性があり、まわりの水分を取り込んでお肌を乾燥から守っています。
 
表皮の内側にあるのが「真皮」です。約90%がコラーゲン、4%がエラスチン(弾力繊維)で形成され、血管、リンパ腺、神経、毛根、皮脂腺、汗腺なども皮脂にあります。皮脂では新陳代謝が行われていて、真皮の状態によって肌の弾力やハリに影響がでてきます。真皮で生まれた細胞は約28日間で表皮まで押し上げられ角質化します。古い細胞の角質は2~3日で自然に垢となって剥がれ落ち、肌が生まれ変わります。
 
皮膚には「皮脂腺」という脂を分泌する機能があります。これが皮膚や毛の表面の水分、汗腺からでる汗と交じりあって自然の保護膜=皮脂膜をつくり、外気と触れる部分の乾燥を自分で防いでいます。何らかの原因でこの皮脂膜が失われたりすると肌の状態は悪くなります。肌の状態と言うのは(約一カ月前に健康な細胞が生まれる環境だったか)(皮脂膜が健全に保たれているか)によって左右されるのです。
 
それで美肌をつくるためにはどうすれば良いのでしょう。それにはまず「睡眠」を充分にとることです。細胞分裂が活発に行われるのは午後10時から午前2時といわれています。この時間を出来るかぎり睡眠にあてるか、ゆったり過ごすことによって健康な細胞が生まれます。
 
つぎにお風呂や洗顔などで毎日カラダや顔をゴシゴシこすらないことです。清潔に保つことは大事ですが、必要以上に石鹸などで洗いすぎると必要な角質まで失うことになりかねません。さらに乾燥に注意しましょう。肌の乾燥を感じたら自分自身の皮脂膜が足りないと言うことです。ボディローションなどで保護してください。
 
椿温泉に入ると肌は乾燥しやすくなります。温泉に入るときは脱衣所にボディクリームなどを持って行き、湯上り10分以内に保湿ケアをしてください。肌に取り込まれた温泉成分も逃しませんから美肌効果が期待できます。又、温泉に入るだけで洗浄作用がありますので、カラダを洗うときは手でやさしく洗う程度で充分キレイになれます。ゴシゴシ洗うのは必要な角質まで流してしまいますので禁物です。
 
《硫黄泉》・・・老廃物を追い出してスッキリ、デトックス&美白の湯
 
シミ、くすみ、老廃物・・・そんな言葉が気になる肌にオススメなのがデトックス&美白作用のある「硫黄泉」です。
(色白は七難隠す)などという言葉もあるほど古くから日本では肌の色というよりも、いかにくすみのない透明感のある素肌であるかということをさしています。
 
肌の透明感は皮膚の外側と内側の両方からつくられます。
まずは外側。「硫黄泉」は過剰な皮脂を乳化して落とす作用があるので、テカリ肌やニキビ肌、毛穴の汚れが気になる方にオススメです。
 
さらに内側からは、「硫黄泉」の硫化水素成分には毛細血管の拡張作用があることから、末梢循環がよくなり滞ったメラニンの代謝を促進してくれてシミ、くすみ対策に期待できます。毛細血管が拡張するということは血流がよくなると言うことで、カラダの隅々までのびている毛細血管の血の流れが良くなれば、酸素や栄養も順調に供給されるうえに、滞りがちな老廃物は運び出されてクリーンなカラダ、クリアな美肌に導いてくれるというわけです。それが「美白の湯」といわれる所以なのです。